打ち出しの出来る紙の通帳があればやはり解りやすい

昼寝をして朝昼兼用の食事をとりました。なんと足の下に銀行の通帳と鏡が。これはいけない、通帳と鏡を足げに寝ていたので、お金がたまらないとか顔が悪くなると言った事が考えられたのです。急いで我が家のぬいぐるみで愛称ツンちゃんと言う招き猫の所へ通帳と鏡を持っていきお願いしました。どうかお金持ちになりますように、ハンサムになりますようにと祈願した訳です。もちろんツンちゃんは何も言いませんでしたが、解ってくれたのではないかと一人で納得。

たかだか通帳と鏡だろ、と思う方もいますがあまり良くない事だと思います。最近は、通帳を使う頻度はかなり減ってきていますので1か月に2回ほど通帳記入するくらいです。食費は殆どクレジットカード決済で済ませていますしコンビニでの買い物も電子マネーで、決済はパソコン上で見る事が出来ます。

尤も安月給で何とか上手くいっているのは、通帳で紙に打ち出されるから対策が立てやすいのです。これがパソコン上だけの操作になってきますと少しわかりにくいかも知れませんね。使いすぎにならないように注意しています。